ようこそマギル大学デソーテル経営学部MBAジャパンプログラムへ!
マギルMBAジャパンプログラムは、日本国内、また世界中で行われている週末経営修士課程の中でもトップクラスのプログラムです。

マギルの挑戦
仕事を続けながら、デソーテル経営学部の提供するマギルMBAジャパンで勉強することは、極めて大きな挑戦です。しかしこの挑戦は、在学中、そして卒業後に輝かしい実績をあげるための投資でもあります。

なぜマギルMBAジャパンが、国内で行われている週末MBAプログラムの中でベストチョイスなのか、その重要な理由をいくつか挙げてみましょう。

マギル大学について
マギル大学は北米の「学問発電所」であり、一流の研究・教育機関としての長い歴史は、各方面から認められています。マギル大学は、2013年のQS世界大学ランキングで第21位に格付けされました。このように、マギルMBAジャパンのカリキュラムを含むデソーテル経営学部MBAプログラムは、国内外で高く評価されています。その他の格付けを見ますと、2013年10月にEDユニバーサルランキングにおいて世界トップ10ーカナダで1位、北米で2位、世界では6位ーにランクインしました。詳しくは

http://www.eduniversal-ranking.com/business-school-university-ranking-5palms.html

をご覧ください。また、マギルMBAジャパンプログラムは、東京で唯一フィナンシャルタイムズグローバル100に名前が挙がったプログラムです。

私どもマギルMBAジャパンプログラムは、北米で実施されているMBAカリキュラムを提供し、優秀な教授陣がマギル大学本部のあるモントリオールより東京へ来日して授業を行っています。

マギル大学卒業生として・・・世界規模でのキャリアの可能性
マギル大学の卒業生は、北米、さらには世界中をみても就職に有利な状況にあります。マギルMBAプログラムの卒業生も、課長クラスに始まり、部長、副社長、会社社長としてニューヨーク、サンフランシスコ、東京、横浜、ロンドン、パリ、香港、上海、北京、シドニー、メルボルン、パース、ベルリン、ミュンヘン、モントリオール、バンクーバー、トロント、カルガリー、エドモントン、チェンナイ、ムンバイ、プネ等、各国のビジネスや文化、そして経済の中心的な都市で活躍しています。

マギルジャパンの卒業生は、日産自動車、三菱商事、グーグル、グリー、アマゾン、デロイト、KPMG、マッキンゼー、LinkedIn、リシュモント、エーザイ、Jannsen Pharma、Bosch、三井化学、住友3M、Cummins Engine、コーチ、そして楽天など、ここに挙げた会社名はほんの一部ですが、このような各分野の最先端をいく企業で働いています。

すべての現役生および卒業生は、マギルに対する高い評価を支えています。

数年前に卒業したバート・バグローウィッツがこう話してくれました。「『マギル』のネームバリューが、不思議な力を発揮してくれました。それが今でもほぼ日常的に続いています。そのおかげで働きやすいですね。」

東京で勉強するということ
東京は世界有数の研究、科学技術、情報、並びに金融の中心地の一つで、街全体がビジネスを学ぶのに最高の教室となっています。マギル生の多様な生徒構成とモントリオール本校の学部スタッフとともに、私たちはグローバルな教育環境を、ここ東京で提供しています。

インターナショナルスタディツアー
2013年4月に入学した生徒は、モントリオールにある美しい本部キャンパスに、インターナショナルスタディツアーとして訪問します。このスタディツアーは管理職を務める上で必要なグローバルな視点や、幅広い分野のビジネス関係者とのネットワーク構築の一助となるでしょう。

グローバルな広がりへ
マギルは、日本、カナダ、アジアその他世界各国で国内規模・国際規模の発展に関わっています。直近の例を挙げますと、在日カナダ商工会議所(CCCJ)が企画した日加間経済連携協定(EPA)会談の際、マギルMBAジャパンもこの会談に参加しました。こちらのアドレスより、マギルのプログラムに参加することで得られる貴重な体験の一コマを、ぜひご覧ください。

http://www.cccj.or.jp/en/news/event-report/cccj-symposium-sets-stage-canada-japan-epa

私たちのプログラムホームページをご覧になった皆さん、マギルMBAジャパンが皆さん自身や会社の更なる発展に寄与できることは、お分かりいただけたでしょうか。

プログラムの詳細や西新宿で開催中のオープンハウスへの参加を希望される方は、どうぞお気軽にご連絡ください。オープンハウスに参加し、なぜマギルMBAジャパンが日本や世界でトップクラスのMBAプログラムと称されているのかを探ってみてください。

皆さまに直接お会いできますことを期待しています。また、一人でも多くの方が、マギルMBAジャパンのプログラムに参加されるよう、お待ちしております。

フィリップ オニール BA, B.Ed., MBA
ディレクター
マギルMBAジャパンプログラム
マギル大学デソーテル経営学部
電話:03-3342-3430