McGill News & Blog

McGill X Nikkei Business School ~Experience McGill MBA~ Special Lecture Series

March 17, 2017

The Desautels Faculty of Management’s McGill MBA Japan program is partnering with Nikkei Business School to offer a Special Series of Introductory Lectures and Networking Opportunities with our professors from our Home Campus in Montreal, while they are in Tokyo.
This will be an ideal chance to learn from some of the world’s top professors in their fields, and find out more about our innovative weekend McGill MBA Japan program in Tokyo.

The lectures take place on evenings at the Nikkei Business School Facility in Otemachi, Tokyo.

This will be an excellent opportunity to participate in short lectures from some of the world’s top professors, and have a take away that you can put to work for you and your organization.
Lectures will be given in English.

Dates, Professors and Topics are:
April 11th: Professor Corey Phelps: Strategic Agility
May 9th: Professor Desmond Tsang: Real Estate Investing: Ownership vs. REITS
June 8th: Philip O’Neill: MBA Programs: Curriculum and Outcomes, and Networking Opportunity
and July 6th: Professor Steve Fortin: Financial Statements: Form vs Substance

Sign up and registration is on the Nikkei Business School Website (in Japanese).

Click here for more info and to register:
Nikkei Business School Website.

I hope that you will take advantage of this opportunity.

Special Evening Lecture by Professor Adolfo de Motta

February 24, 2017

McGill Japan Special Evening Lecture will be held on Tuesday, March 14th, 2017 with

Professor Adolfo de Motta of the Desautels Faculty of Management of McGill University.

Professor de Motta will give a Special Evening Lecture on Contract Theory based on the work of his PhD advisor: Professor Bengt Holmstrom.

Professor Holmstrom, who was awarded the 2016 Nobel Memorial Prize in Economics.
Professor de Motta is one of the world’s most widely respected and influential researchers and professors in Finance: His research has been published numerous times in the Journal of Finance, and other top academic journals.  He is also a long-serving Professor of Corporate Finance in the McGill MBA Japan program, and at the Desautels Faculty of Management’s home campus in Montreal, as well as being a beloved friend of our students and alumni.
This general talk on Contract Theory will be of great interest to everyone, considering its impact in corporate governance, managerial performance, and contract negotiations in general.  The talk is aimed at a general audience, and members of the public are welcome to attend.
Details:

McGill Japan Special Evening Lecture

Contract Theory

Speaker: Professor Adolfo de Motta

Tuesday, March 14th, 2017

7PM to 8:30PM

Doors open at 6:30PM
Location: McGill MBA Japan Classrooms at the Learning Edge Facility in Nishi-Shinjuku.

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-4-2 野村不動産西新宿ビル4F

Nomura Fudosan Nishi-Shinjuku Building 4th Floor. Nishi-Shinjuku 8-chome, 4-2, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0023

This is directly above Tokyo Metro Marunouchi Line, Nishi-Shinjuku Station.
Coffee, tea and light refreshments will be available.

Cost is 2,000yen to off set the cost of the event.

Sign up and payment is through this Peatix link:

http://ptix.co/2kTkQ2E
Please sign up as soon as possible.

***An optional get together will take place afterwards at a location nearby***

I hope that you can join us.

Looking forward to seeing you on March 14th.

Event Report: McGill Japan Forum & MAAJ Shinnenkai

February 7, 2017

The McGill Community in Japan kicked off 2017 in great style again with the annual McGill Japan Forum and Shinnenkai which was attended by over one-hundred and forty students, alumni, friends and guests. The Forum was a very in-depth and informative look at the preparations surrounding the upcoming 2020 Tokyo Olympics. Our Speakers: Tristan Lavier -a manager at the International Communications Department of the Tokyo 2020 Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games, Mr. Kazufumi Watanabe – Group Manager at Coca-Cola Japan Company, and Philip Rubel – Managing &  Representative Director of Designit Tokyo, helped us understand the impact that an Olympics can have on a community, as well as the opportunity and challenges faced by the cities and organizations involved.  

 
Mr David Hackett (MBA 2002) also gave insight into McGill’s Olympic connection through McGill Alumni and former Chancellor Richard (Dick) Pound, First President of the World Anti-Doping Committee. Chancellor Pound headed up the drive to make the Olympics financially viable in the 1980s, and we can thank him for the continued success of the Olympics today. 
  
 
Special thanks to Former Ambassador of Japan to Canada, and Chairman of the CCCJ Honorary Advisory Board–Sadaaki Numata, who gave the Kampai toast. We were also joined by Professor Robert David of the Desautels Faculty of Management–in Tokyo to teach his course in Competitive Strategy–and who conveyed greetings from the Faculty and the University. Congratulations also to our moderator, Christopher Rizanow (MBA 2018 Candidate) for his Tokyo debut.  
The McGill Alumni Association in Japan, and the staff at McGill Japan look forward to inviting you to another of their events later in 2017. 
   

 

Mr Susumu Kaminaga–Sumitomo Precision Products–Lunch time talk

January 15, 2017

Mr Susumu Kaminaga, Senior Advisor and former President of Sumitomo Precision Products Co., Ltd. visited the McGill MBA Japan Classrooms on Sunday, January 15th, 2017 to give an amazing lunch time talk on his long and successful career in the Aviation and later in the Micro Electro Mechanical Systems: MEMS. The work by Mr Kaminaga with his many global partners in Canada, Germany, the UK and USA, is fundamental to the lives that we live today. The consumer and healthcare products that we take for granted today, such as smart phones, sensors in our automobiles, are made possible by the groundbreaking work that Mr Kaminaga did in engineering and business development with Sumitomo Precision Products. The lunch time speakers series in the McGill MBA Japan program brings leaders from a wide range of industries into direct contact with our students, which broadens their perspective and their network.

Please contact us to learn more about the McGill MBA Japan program.

 

McGill’s Desautels Faculty Ranked in the 2017 QS GLOBAL ELITE

McGill University’s Desautels Faculty of Management, home to the innovative McGill MBA Japan program has been ranked among the QS Global Elite business schools in terms of student employability and research quality by the prestigious QS organization in the UK. Read more about the rankings and the methodology that places McGill among the top business schools in the world. Click on this link to download the report : qs_global_250_report_2017

Recruit x McGill – Interview on Career Carver (日本語)

January 10, 2017

An interview with Recruit x McGill is featured on Career Carver!
View the interview page (external site):

    

カナダ最古の英語大学・マギル大学
MBA日本プログラム

ディスカッションの日々とOB・OGネットワークが生徒の本質をから変えていく

 マギル大学は、1821年に創立されたカナダ最古の英語の大学です。日本で言えば東京大学のような存在で、世界大学ランキングでも上位に位置付けされている、カナダの名門国立大学です。そのマギル大学デゾーテル経営学部が行っているマギルMBA日本プログラムについて、またMBAの価値や意義について、ディレクターのフィリップ・オニール氏に伺いました。

入学時より、卒業後に年収が数十倍になった卒業生もいる    

―― マギル大学のMBA日本プログラムについて教えてください。

マギルMBA日本プログラムは、Financial Times Global 100 Rankingsにも入っている世界レベルのMBAコースを、日本にいながらにして受けられるプログラムです。月平均二週の週末、マギル大学モントリオール本校の教授陣が来日して、本校とまったく同じカリキュラムを実施。2年生のカリキュラムには本校を訪問する学習も組み込まれています。卒業生は本校の生徒と同じ学位を取得するため、本校での卒業式に参加する事もできます。授業はすべて英語で行われており、生徒は日本人と外国人がだいたい半分ずつです。

―― 生徒の皆さんはなぜマギル大学のプログラムを選ぶのでしょうか?

大きく二つの理由があると思います。一つは、とにかく質の高いMBAプログラムを受けたいという理由です。マギル大学MBA日本プログラムでは、経営スキル、金融スキル、マーケティングマインドセット、起業マインドセットなどを深く身につけることができます。特に商社、製薬会社、自動車メーカーなど、MBAがポピュラーな業界のなかには、日本で働きながら世界レベルのMBAプログラムを受けるために、私たちのところにやって来る方が数多くいます。

もう一つは、卒業後に転職して、給与とポジションを大きく上げるケースが多いからでしょう。卒業生の60%ほどが転職していきます。素晴らしいケースとしては、入学時と比べて卒業後に昇進を重ね、年収が数十倍にも上がるポジションを得た方がいます。もともとある大手メーカーでエンジニアとして働いていたのですが、MBA取得後に社内のトップ直轄プロジェクトに抜擢され、そこで成功を収めた上で転職し、ラグジュアリーメーカーの経営幹部にジャンプアップしたのです。

―― そのような給与・ポジションアップの事例がいくつもあるのでしょうか。

さすがにそこまでドラマティックなストーリーはなかなかありませんが、給与が2倍、3倍になった事例なら、数え切れないほどあります。なかでも多いのは、日系企業から外資系企業に転職するケースです。アメリカで博士号を取った後、日系大手製薬会社で一般社員として働いていた30代前半の女性が、私たちのMBAプログラムを受け、卒業直前にアメリカの大手製薬メーカーでマネジャーとなりました。彼女の給与は2倍以上になっています。

当然、キャリアアップするのは日本人の方だけではありません。ヨーロッパ系の男性で、入学前は外資系大手IT企業でエンジニアとして働いていた方がいます。彼は卒業後、MBAプログラムの同級生と一緒に大手コンサルティングファームに入社して新たなビジネスの立ち上げを行い、それを軌道に乗せてからオーストラリアに異動し、現在は若干35歳にして現地法人の役員を務めています。

他にも、一念発起してベンチャー企業を立ち上げた方、メーカーからM&A企業へと大きくキャリアを変えた方、NPOから母国の政府に転職して給与が5倍も増えた方など、さまざまな卒業生がいます。そのバリエーションはとてもここでは紹介しきれません。

OB・OGネットワークのなかから、新たなポジションを得ていく   

―― なぜそのような給与・ポジションアップが可能なのでしょうか?

一言で言えば、OB・OGネットワークがそれを可能にしています。実際、大学側で仕事の紹介をしたケースはほとんどありません。それどころか、私たち大学側では、基本的にキャリアアドバイスを行っていません。生徒たちは皆、OB・OGや同級生との対話のなかで自らの進路を考え、歩むべき道を見つけ、新たなポジションを得ていくのです。

現在、マギルMBA日本プログラムの卒業生は約550名。加えて、マギル大学本校のMBAプログラムをカナダで受けた日本人卒業生が300名ほどいます。私たちは、生徒がこうしたOB・OGたちとコミュニケーションできる場をたくさん用意しています。さらに、マギル大学は香港・中国・オーストラリアなどでもMBAプログラムを展開しており、それらの国々のOB・OGとの交流も盛んに行っています。マギルMBA日本プログラムを受ければ、本人の意思と熱意次第で、これらのOB・OGネットワークをどのようにも利用できるのです。

OB・OGネットワーク以外にもう一つ、大きな理由があります。それは、私たちのMBAプログラムを受けると、積極的に行動するようになり、発信力やプレゼンテーションスキル、ネゴシエーションスキルが飛躍的に向上するということです。MBAプログラムのほとんどが、英語でのグループワークとディスカッションです。毎週、先生や同級生と高度な議論を行うなかで、生徒の提案力・発言力・ボキャブラリーがどんどん伸びていき、姿勢や考え方が根本から変わっていくのです。

さらに言えば、OB・OG・同級生の海外経験者にさまざまな話を聞けることも大きいと思います。特に日系企業のビジネスパーソンには、外資系企業や海外のワークスタイルや風土などをまったく知らない方が多い。彼らは外を知ることで、外に出ようと積極的に考えるようになるのです。視野が広がり、世界が広がり、未知のチャンスが数多くあることを知れば、誰でもチャレンジしたくなるものです。

―― 転職しない方はどのような方なのでしょうか?

たとえば、商社で働く方々などは転職しないことが多いです。彼らのほとんどは、最初から社内でのキャリアアップを目的に入学しています。特に海外事業所で働く際、MBAが有利に働くのです。実際、商社の方は卒業後、海外に派遣されるケースが多く見られます。

製薬会社や自動車メーカーなど、MBAが比較的ポピュラーな業界では、同じように異動・昇進を目指して入学するケースがよくあります。特に大企業の場合、異動・昇進によって目指すキャリアやポジションを得られる可能性が高く、実際に社内でのキャリアアップを果たした卒業生も大勢います。ただ、最初はそのつもりでも、卒業時には転職を決心している方も少なくないのですが。

そのほかには、企業の幹部候補の方が、経営層の仲間入りを果たすために必要なスキルを学ぶため、マギル大学の門を叩く例も珍しくありません。日本企業がグローバルに乗り出す上では、MBAが必須だからです。

 

30~40代の方に、目的とプランをしっかりと持って入学していただきたい

―― どのような方に入学していただきたいですか?

基本的には、しっかりと実務経験を積んだ30~40代の方に入学していただきたいと考えています。実務経験が十分でなければ、MBAプログラムの効果は薄いからです。カナダでは、MBAプログラムは8年分の実務経験に匹敵すると言われています。その効果を十分に上げるには、ある程度の社会人経験が必要なのです。また、授業はすべて英語ですから、当然、最低限の英語力は必要となります。

それから、入学する方には、必ず目的とプランを持ってきていただきたいと思います。なぜマギル大学MBA日本プログラムを受けるのか。なぜMBAを取得したいのか。面接では、そのことを詳しく伺いたいと思っています。なぜなら、夢や目標がなければ、せっかくのMBAプログラムとOB・OGネットワークも、宝の持ち腐れになってしまうからです。

なお、MBAを受けるなら30代のうちがよいと言われることが多いようですが、私たちは40代でもまったく問題ないと考えています。ただし、40代で入学する場合、目的とプランは30代以上に明確になっている必要があります。

―― 最後に読者へメッセージをお願いします。

マギルMBA日本プログラムを受けると、きっとあなたの「本当の価値」がわかるでしょう。たとえば、エンジニアの皆さんの優れたロジカルシンキング能力は、経営やコンサルティングをはじめ、さまざまな分野で活かすことができます。もしかすると、エンジニアよりも適したポジションがどこかにあるかもしれません。エンジニアよりもチャレンジしてみたいことが見つかるかもしれません。ここは、そうした「新しい自分」を見つけるところだと考えていただけたらと思います。

実際、マギルMBA日本プログラムを修了すると、好きを仕事にする人が増えます。常識や偏見を捨て、のびのびとチャレンジしている卒業生がたくさんいるのです。たとえば、資本ゼロでビジネスを興し、今では数億円企業にまで会社を大きくした卒業生がいます。こうした例は幾つかあります。

チャレンジする際は、きっと同級生が支えになってくれるでしょう。2年間、毎週ディスカッションするなかで、同級生の絆はどんどん深まっていきます。卒業後も、彼らはことあるごとに集まっています。かけがえのないビジネスパートナーとして、長く付き合っていく事例も数多く見てきました。もちろん、そこにOB・OGが加わることもよくあります。

あなたがもし、将来の夢を実現させるためにMBAが必要だと思ったら、ぜひ私たちの門を叩いてください。私たちはその想いを最大限に応援したいと思います。

フィリップ・オニール

マギル大学ジャパン経営学修士課程(MBA)日本プログラム ディレクター。マギル大学MBA日本プログラムは、文部科学大臣指定外国大学日本校の一つ。マギル大学は4番目の指定校で、MBAプログラムを持つ海外大学としては2校目になる。マギル大学は、1821年ケベック州モントリオールに設立されたカナダ有数の高等教育機関。2つのキャンパス、11の学部、11のプロフェッショナルスクール、300以上の研究プログラムがあり、8,300人の大学院生を含む39,000人以上の学生が在籍。そのうち約24%は世界150カ国からの留学生。広範囲の分野で11人のノーベル賞受賞者を輩出。なかでも医学部が有名で、デソーテル経営学部MBAプログラムも国際的な評価が高い。

株式会社リクルートキャリアの事業概要    

株式会社リクルートのHRカンパニーと株式会社リクルートエージェントとの統合により、2012年10月1日に設立。個人のキャリアと企業の人材戦略に向けた支援サービスを幅広く展開する。転職エージェント「リクルートエージェント」には業界トップクラスの約470名のキャリアアドバイザーが在籍、それぞれの業界、職種に対する専門的な知識を持ち、求職者一人ひとりに併せた転職支援を行っている。

八尋弓枝    

株式会社リクルートキャリア コンサルタント

1994年株式会社リクルート入社。新卒および中途採用、従業員教育の分野で小規模企業から大手企業までを担当。事業部内でのトップセールス半年間連続など、アワード受賞多数。その後、株式会社リクルートエグゼクティブエージェントにて、役員等マネジメントクラスのキャリアサポートおよびリクルーティング(コンサルタント)を経て、2009年より経理財務領域を担当している。

オニール氏が語るとおり、MBAを学ぶ目的が重要である。転職しようとするとき、履歴書に「MBA取得」と書かれているだけでは何の意味もない。何を目指してMBAを取得したのか、MBAプログラムで何を学んだのか。そして、今後そのスキルをどう活かしたいのか。それらを語れてはじめて、MBAプログラムを受けた意味が出てくる。履歴書はプレゼンテーションツールなのだ。その意味では、MBAプログラムで多くの人と対話し、プレゼンテーションスキルを磨くことは転職する上でもおおいに役立つだろう。MBAを取得した方、在学中の方にもキャリアについて是非相談してほしい。

ヘッドハンターの詳細はこちらをご覧ください。

Event Report: Workshop with Professor Restrepo -Systemic Negotiations-

September 30, 2016

pabloevent_160930 img_5061_small   img_5064_small

On Friday, September 30th, 2016, Professor Pablo Restrepo, Founder and CEO of Aluna Catalyst, and adjunct professor at the Desautels Faculty of Management’s McGill MBA Japan program led a group of CCCJ members through a thought provoking and practical workshop on systemic negotiations.  This group included officials from the Government of Canada, Quebec, Alberta, the Colombian Embassy to Japan, as well as the CEO of the Kyoto Brewery Company. Pablo led these and other McGill alumni and other friends from the community through his systemic approach to negotiations using his Negotiation Canvas. This is a powerful tool for preparing, organizing, planning, and undertaking both simple and complex negotiations with in a wide variety of fields.

Pablo is one of the world’s most sought-after and experienced negotiators and negotiation instructors. Based in Bogota Colombia, Professor Restrepo has been deeply involved in all types of negotiations including the Free Trade Agreement between the United States and Colombia, Cross Boarder M&A, Family Business Succession planning, as well as the Peace Process Negotiations with the FARC rebels in Colombia, which recently led to the Nobel Prize for the President of Colombia.

Pablo Restrepo, works with a very wide variety of companies and organizations in North and South America, Europe and recently in Japan. He is working on a new Negotiations by Design program, which will be of great interest to anyone who faces negotiation challenges. This includes everyone, in business, government, and within families.

To learn more about Pablo Restrepo visit: http://alunacatalyst.com

To learn more about the McGill MBA Japan program, visit www.mcgillmbajapan.com

Asia Study Tour 2016 – observing the fastest developing country in Asia

September 8, 2016

 cimg1887cimg1660cimg1867

A group of 2nd year students of the Desautels Faculty of Management’s McGill MBA Japan program participated in a Study Tour to Vietnam, which focused on Ho Chi Minh City–Saigon from August 25th to the 30th, 2016.

The students visited important international companies, Mitsui & Co, Manulife, Kiddo Group, Pharmascience, Sapporo, HSC Investment. The visits to companies of various industries to learn about the market of Vietnam. They also paid visits to the International Business School for interaction with local EMBA students and Canadian International School to know about the country’s fast growing English-speaking market.

Visiting Japanese and Canadian Consuls General have provided the students with the opportunities to see how foreign counties are helping the Vietnamese market and what maybe the future of the fastest developing Asian country.

The Study Tour to Vietnam is part of our unique series of Study Tours in Asia which help to broaden our students’ horizons, develop their understanding of other countries and cultures, and to solidify McGill’s network throughout Asia and the world. Previous study tours have included Chong Ching and Kunmin China, Shanghai and Bejing, as well as Myanmar. In 2015 and 2016 consecutively, students selected Vietnam as a study tour destination. Once again, the Vietnam tour 2016 has proven that the Vietnam is the fastest developing Asian economy.

cimg1733img_1496img_1446cimg1814

Meet with the McGill MBA Japan program

September 1, 2016

We will be at the QS MBA Fair at the Westin Tokyo, on Saturday, September 3rd between 3:30PM -5:30PM.
More information: http://www.topmba.com/events/qs-world-mba-tour/asia-premium/tokyo

We also welcome you at our Open House Session on Sunday, September 4th at the Rose Garden Hotel in Nishi-Shinjuku from 1PM.

Sign up for Open House at: http://mcgillmbajapan.com/open-house/

It will be a great opportunity to find out more about our unique program.

We look forward to seeing you soon.

Applications Open May 15th

May 11, 2016

Applications for the McGill MBA Japan Program for entry in April 2017 open on May 15th, 2016. Everything you need to apply is available through our website on our application page.

Next Page »